井本整体とともに走りたい〜!

42期 川島弥洋

私は幼少の頃からかけっこが大好きで、いつも走っていました。

中学校から大学までは陸上競技部に所属し、

暇さえあれば練習していた(走っていた) 記憶があります。

つまり、競技人生を歩んでいました。

 

社会人になってからは競技から離れ、

さまざまな仕事の中で「体と健康」と向き合いながら、

「健康のための運動指導」を行ってきました。

今は、ピラティスを指導しています。

 

そんな中、自分自身は腰痛に悩まされていました。

人にすすめられたり、自分で勉強したりする中で、

腰痛にいいと思ったことはいろいろ試しましたが、

思うような効果は得られませんでした。 

 

それまで整体とはまったく無縁でしたが、

あるボディワークの研修で、

井本整体を学んでいる方とめぐり合いました。

研修後、腰痛で動けなくなった私に、

その方が施術してくださったところ、

一発で歩けるようになったのです。

その驚きはうまく表現できませんが、

とにかく「すごい!!」のひと言。

その直後から私の興味は、

「私の腰をより良い状態にしてくれたこの施術は何?」

という一点に絞られ、

現在は井本整体の講座生として、勉強を続けています。 

時を同じくして、田舎の母が脳梗塞で倒れました。

一命は取りとめましたが、右半身不随・失語症となりました。

正直なところ、

「もっと早く井本整体を知っていたら、

母に何かしてあげられたかも……」

という気持ちもあります。

でも、「これから母にしてあげられること」

を考えながら、練習にも励み、

仕事の幅も広げられるよう、学んでいきたいと思います。 

 

青春時代を陸上とともに駆け抜けたように、

井本整体とともに走りたい〜!